初めての方へ

当クリニックが開業して10年以上経ちました。
ストレスで眠れない、憂うつで何もする気が起きない、不安で落ち着かない、動悸や息苦しさが襲ってくる、緊張して声が震える、ミスが多くて上司に怒られる・・・。これまで様々な症状の方が来院されました。
ご来院される方のなかには「薬を使わないで治療したい」「いま飲んでいる睡眠薬が効かないので強い薬が欲しい」など、様々なご希望があり、それぞれのご希望に、できる限り沿うように治療を行っております。
ご予約は 099-213-1020 までお電話ください(診療時間内にお願い致します)。

 

診療内容

うつ病

憂うつだ、何にも興味が持てない、集中力が無い、疲れやすい、意欲が出ない、眠れない、食欲が出ない、などの症状が多くあてはまる方は、うつ病かもしれません。治療法は運動療法、精神療法、薬物療法などです。

社交不安障害(社会不安障害・社交不安症)

人前で話すのが極端に苦手である、他人にどう思われているか過剰に気になる、知り合いに会うのが苦手である、緊張で手や声が震える・汗が出る・赤面する、知り合いのいる集まりを避ける、などの症状が多くあてはまる方は、社交不安障害の可能性があります。薬物療法が効くことが多く、ほかに森田療法・行動療法などの精神療法が治療に用いられます。

パニック障害

突然、動悸・息苦しさ・めまい・しびれ・震え・胸やお腹の不快感などがあらわれ、強烈な不安感や死の恐怖などが出てくることが、何度も繰り返される場合は、パニック障害かもしれません。内科などで繰り返し検査を受けても異常がないといわれ、長年悩まされていることも多いです。薬物療法で治るケースが多く、生活がしやすくなります。

強迫性障害

「ドアのカギを閉めてないかもしれない」「ガスを消し忘れたかもしれない」「手がまだ汚れているかもしれない」などと不安になり、何度も戸締りを確認したり、繰り返し手を洗ったりすることで、日常生活にも不都合が出ている場合は、強迫性障害かもしれません。行動療法などの精神療法や、薬物療法などで治療を行います。

身体症状症(身体表現性障害)

痛みやしびれ、喉のつかえ感、消化器症状など、体の症状があるのに、いくら内科などで検査を行っても異常が見つからない場合、身体症状症かもしれません。ストレスが体の症状として現れているため、抗うつ薬や抗不安薬などの薬物療法が効くことがあります。ほかにも、ストレスを遠ざけるなどの環境調整、症状を受け入れるような精神療法(マインドフルネス・森田療法など)が有効かもしれません。

注意欠陥多動性障害(ADHD)

うっかりミスで上司に何度も注意される、忘れ物が多くて先生に怒られる、片付けが苦手だ、宿題や仕事をギリギリまでためこんでしまう・・・などの症状が目立つ場合、ADHDかもしれません。じっとしているのが不得意だ、イライラしてカッとなってしまう、といった症状が合併していることもあります。薬物療法が著効することもあり「0点だった漢字テストが7割とれるようになった」「仕事に落ち着いて取り組めるようになった」などの声も聞かれますが、副作用で続かないこともあります。ほかに環境調整や、マインドフルネスなどの精神療法を行うこともあります。

不眠症

寝付くまでに時間がかかる、途中で起きてしまう、早くに目覚めて眠れない、などの症状があり、運動・午前の日光浴・寝る2時間前までの入浴・部屋の電気を暖色で暗くする・寝る前にブルーライトを見ない、などを試みても改善しない場合は、薬物療法を用いれば熟睡できる可能性が高いです。いびきによる無呼吸や体の痛みなどからの不眠は、それぞれの原因への対処が優先されます。

過眠症

意外と多い症状として、日中眠くて仕方がないといった過眠症状があります。夜間十分に眠れていない、ロングスリーパーなのに睡眠時間が足りていない、といった原因があるなら、まずはその対処が必要ですが、原因もない場合は特発性過眠症やナルコレプシーなどの可能性があり、薬物療法で改善することがあります。

そのほか、心療内科・精神科領域の疾患は広く診療しております。また、精神症状のある更年期障害・自律神経失調症、ED(勃起不全)・AGA(男性型脱毛症)などの疾患も診療しております。

精神療法・心理療法については、マインドフルネス認知療法・森田療法・ACT(アクセプタンス&コミットメントセラピー)・身体心理学などのエッセンスを用いることがありますが、外来診療の都合上、数時間をかけてのプログラムはありません。上記の治療を自分で行ううえで正しいやり方を教えてほしい、といったご相談もお受けしております。ED・AGAについては自費診療(保険適応外)となります。値段については卸値などの影響で変動しますので、ご相談ください。

皆様の負担を減らすため、当院は院内処方です。

院外薬局では、他院から来た知人と会ってしまったり、自分の薬の内容を見られてしまったり、といった可能性を心配される方もらっしゃいます。また、院外処方になると、処方箋料や薬剤服薬管理指導料などが発生するため、10割負担とした場合、1000円~2000円程度も患者様への負担が増えることになります。近年はクリニックの負担を減らすため、多くのクリニックで院外処方が採用されていますが、当院は皆様の負担を減らすため、院内処方を採用しております。

 

受診までの流れ

当院は初診・再診とも原則予約制です。
099-213-1020 までお電話ください。
受付時間は9:30~14:00、15:30~18:00
木曜日は19:00まで受付しております。
土曜日は9:30~14:00、第四土曜日・日曜日・祝祭日は休診です。

アクセス

  • 住所 鹿児島市中央町10 キャンセビル6F (B1F~5Fにイオンがある建物)
  • 鹿児島中央駅東口 徒歩約5分
  • 車でお越しの際は、キャンセビル駐車場をご利用いただいた場合のみ1時間無料のサービス券を発行しております。